工房案内

平成6年6月6日
それまでのアパート住まいから近くに中古の家を買い 酷暑の夏に引っ越し、ベランダでちょっとした物を鋸、
金槌くらいでコツコツと作り始める。
元々器用貧乏、ミニ仏壇をのせる引き出し付きの箱にチャレンジし、上手く出来たことに味をしめ、道具を徐々に増やしていく。
犬走りほどのベランダでは限度があり、雨や風、制作途中の大物の保管に悩まされはじめる。

1995年5月家から車で3分の実家の土地に工房を造ることを決意し、6月梅雨の中整地をはじめ、
7月工務店に頼んだ骨組み出来上がる。その後、友人、知人の協力のもと9月末完成。

広さが10平米なので、「てんこうぼう」と命名した。
恬=「静かな」とか「やすらか」の意味です。回りは山。ほんとに静かです。

工房が出来たことで機械を揃えはじめる。作業テーブル作ったり、小型の機械入れたらすぐ手狭になってしまいました。
初期の工房
kobo
oldkoubou2
oldkoubou1
2000年3月増築開始
今までの工房が6畳少しの広さだったのですが増築部は10畳の広さがあり機械を置いてもまだ余裕がある広さです。
大工さんには、元の工房の屋根の棟を替えてもらうことと増築部の外壁、床板までで後の内張りは前回同様自分たちの作業です。
30ミリの発泡スチロールを張り付け、横桟打ってベニヤの張り付けなどと、外壁の防腐剤塗布が自分たちの仕事です。
今度の増築で余裕ある広さになりましたがもしかしたらまた手狭になるのでしょうかね。
IMG_5500
IMG_4346
IMG_4289IMG_4290
2009年
元納屋を改装してギャラリー&事務所を工房横に建てる。
今回は友人だけの力を借りて作り上げることが出来ました。7月からの作業は蚊と暑さとの戦い
協力のおかげで立派な建物に変身しました。
IMG_1215gallery
map_d

What do you think?

コメントを残す